オリジナル紙袋の製作数量について。〈その1〉小ロットから大ロット、国内製造、海外製造を詳しく解説。

倉庫

お客様がオリジナルバッグを作ろうと思った場合、まずどのような仕様のバッグを作ろうか?と思案すると思いますが、同時にどれぐらいの数を作ろうか?とも考えるのではないでしょうか。製作数量は色々な所に影響する要素ですので、一度まとめてみたいと思います。まずは紙袋から。

紙袋の数量上の区分

一口に紙袋といっても様々な種類があります。生産地や仕様、製作数量、製法や加工等で分ける事ができますが、数量に限った話の場合、簡単に3つに分けてみたいと思います。数量に関しては、大きく小ロット、中ロット、大ロットに分ける事が出来ます。

  • 小ロット(500枚〜1,000枚)
  • 中ロット(2,000〜5,000枚)
  • 大ロット(7,000〜)

これはおよその数での分類ですが、製作数量によって製造方法も大きく変わります。

・別注紙袋〈最少ロット〉500枚〜

小ロット紙袋の最少ロット

既製品の紙袋を除けば、オリジナル紙袋は500枚から作製出来ます。といっても500枚以下が作製できないわけではなく、例えば100枚作製も可能ですが、コストが500枚を作る場合と同じぐらい掛かってしまうので、「実質500枚」にしています。

これは具体的にどういう事かというと、例えば一般的なA4サイズの紙袋100枚を作製するのに、必要な全紙サイズの紙は、50枚程です(全紙の紙を半分に断裁して使います)。しかしながら全紙サイズの紙の最小販売単位は250枚単位です。これ以下の枚数でも調達は出来ますが、ここでも一枚単価がグッと上がってしまい、効率的ではありません。

これは印刷料金も同様で、1枚の紙をオフセット印刷する料金と、1,000枚の紙を印刷する料金は同じになっています。まずはCTPという大きな印刷版を出力機から作製し、巨大なオフセット印刷機の胴にセッティングします。インクを調合して印刷機に盛りつけ、数回の試し印刷(この時既に数百枚の紙を使います)の後に本番印刷…といった行程を1枚の為に行なうのは効率的ではないからです。

その他資材(持ち手の紐、底ボール紙、PPフィルム等)の調達にも同様の事が言えるので、結果経済ロットは言えませんが500枚ぐらいからの製作をお勧めしています。ちなみに印刷料金に関しては500枚も1,000枚も料金は変わらない事が多いので、紙袋500枚製作時の単価は1,000枚の時と比較して多くのケースで割高になりがちです。

中ロット紙袋の最少ロット

中ロット、となると製作枚数は大体2,000〜5,000枚でしょうか。中ロットの紙袋の作成方法は幾つかあります。

海外製作

小ロットと同様の製作方法ですが、海外で製作し、輸送は船便にすることで国産と比べ低コストで作成可能です。生産地は主に中国ベトナムです。

利点
  • 国産と比べて60〜70%程のコストで製作が可能
  • 日本製と比較してほぼ遜色ないクオリティ
難点
  • 納期が長い
  • 選べる紙袋の仕様が国産と比べやや少ない

近年では各国の印刷機メーカーも中国等への販売に力を入れている様で、印刷機や製袋機のクオリティは日本の物と比較しても遜色なく、むしろ最新型の機材が中国で使われているケースもあります。製作枚数500枚前後では海外製作のメリットも享受しにくく、ある程度コストに有利な効果が出るのが2,000枚ぐらいからです。

納期に関しては中国での陸送+船便という形になるので、輸送にかなり時間を取られます。

最後の選べる紙袋の仕様ですが、これに関しては国産がかなりバラエティに富んだ選択肢がある一方で、海外製はというと用紙や持ち手の素材・種類、様々な加工等で一歩遅れているのが現状です。生産地周辺でこういった選択肢が今後増えてくるとまた話は変わってくると思います。

OFJタイプの紙袋(国内、海外)

こちらは国内でも海外でも製作は可能なタイプで、紙袋の製造に関わる多くの行程を殆ど機械で行なうものです。

利点
  • 比較的低コスト
難点
  • 一部選択出来ない紙袋の仕様あり(箔押し、持ち手の種類等)

この紙袋の特徴の一つには、500枚の時には人間が手作業で折り作業や持ち手の取り付け等を行なっていた所を自動で行なうという点です。手作業が殆どなくなりますのでコストに有利です。また、持ち手は自動製袋に対応した3〜4種類の持ち手に限定されます。この持ち手が特徴的で、小ロットの場合に取付けられる持ち手とは違い、紙袋に穴を開けずに、紙袋に対して直立した状態で取付けられる為に、結び目が発生せず、スッキリとしたスタイルの持ち手になります。

コメント

  1. […] 以前、紙袋の数量について色々と書いてみましたが、この数量の話に関連して書きたい事が幾つか他にも出てきました・・・。その内の一つが定数仕上げと出来高仕上げに関してです。 […]

タイトルとURLをコピーしました